感動を与えてくれる物

私たちはIT文明に浸透していると言っても過言ではなく、多くの人は常に連絡を取れる携帯電話が欠かせないと思っていることでしょう。そのため、ポケットに携帯電話を所持していることが社会人のマナーとして受け継がれていくのだろうと考えられて、携帯電話が友人や仕事で関わることになる取引先とのコミュニケーションツールとして、今後も社会に必要であり続ける物となるのです。携帯電話があることで、自分が多くの人達とつながっているという安心感を抱いていき、ともすれば携帯電話が生きていく上での生命線として捉えることがうかがえてくるのです。緊急で連絡したいときなどでも、携帯電話があることでスムーズな意思伝達が可能となり、携帯電話が人との接点を持つ拠り所として、あたかも自分の体の一部であるかのような大事な物として捉えていくようになるのです。

人によっては携帯電話とスマホを両方携帯していても不思議ではないでしょう。IT文明に触れることで幸せを感じたいという気持ちから、スマホを扱うことを習慣としている傍らで、今まで役に立った携帯電話を懐かしむ気持ちが手伝って、常にお守りのようにして携帯電話を携帯していても不思議ではないと思うのです。昔愛用していた携帯電話に対して、「スマホを使うようになるまで、今まで私を支えてくれてありがとう。携帯電話のおかげで私はこんなにも充実した生活を送ることができたのよ」という感想を抱くのではないかと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です